予約の仕方

2018.01.02.10:07

ご利用になりたい日が決まりましたら、予約状況でご利用可能かどうか、ご確認願います。
子供用自転車は台数も少ないので早めに予約願います。
台数が多い場合も早めに予約願います。
特に5月連休、8月上旬から下旬にかけては利用者が多いので早めにお願いします。
A.メールによる予約
 daynapzzz#gmail.com に以下の事項をご連絡願います。
(※迷惑メール対策のためそのままでは送信できないようにしています。#を@に直してから送信して下さい。)
1、.お名前
2、ご住所
3、携帯電話番号(なければ自宅電話番号)
4、利用希望の月日
5、利用希望の車種と台数
6、到着予定時刻=利用開始時間

B.メールフォームによる方法
予約フォームに記入の上、送信してください。

予約状況と休業日

2018.01.02.10:01

 


IL117.gif4月15、16日休業します。
4月21日休業します。
4月26日休業します。

IL118.gif


自転車に乗れた!!

2017.09.26.10:40

 先日、70代の女性(Oさん)が子供用の自転車1台を借りに来ました。
話を聞くと、小学校3年の孫がまだ自転車に乗れないので、その練習のために自転車を借りに来たというのです。
普通は親が子供に教えるというのが一般的ですが、親も自転車に乗れないそうなのです。

小学校では生徒が交通事故にあわないよう校庭などで「交通安全教室」を開いて、正しい自転車の乗り方を教えています。
このときに自転車に乗れないと友達にバカにされる、ひいてはイジメにあうということを恐れて母親が祖母に孫が自転車に乗れるよう教えてほしいと頼んだのだそうです。

Oさんにどうやって教えるのですか、と尋ねたところ、昔は大人用の大きな自転車しかなく小学4年生くらいの時に三角乗りでやっと覚えたというのです。私と同じような年齢で三角乗りで覚えたとは!!三角乗りというのは、自転車が大きく椅子に座れない場合、フレームの三角の部分から足を入れ、車体を少し斜めに傾けてペダルをこぐ乗り方です。子供用自転車を買ってもらえなかった家庭の子供たちはこのようにしてやっとの思いで自転車に乗れるようになったのです。私は親に後ろから荷台を押さえてもらって練習を何回かしましたが、結局バランスのとり方がわからず、小学校低学年まで三輪車を乗り回していました。自転車に乗れるようになったのはやはり小学4年生くらいです。
でも今は三角乗りで自転車の練習をする人は皆無でしょう。Oさんもどうやって孫に自転車を教えたらいいのかわからないと言うのです。

そこで私は、ある方法で教えたらどうですかと提案しました
Oさんは4時間コースの料金で自転車を借りていきました。

その後、4時間を過ぎても、5時間を過ぎてもOさんは帰ってきません。
結局6時間以上経ってから自転車を戻しに帰ってきました。
お孫さんが自転車に乗れるようになったのか聞いてみると、それが何と乗れるようになったと言うのです。
お孫さんは自転車に乗れるのが楽しくなってしまって、もっと乗るもっと乗ると言って、夕方遅くまで乗っていたのです。
そして決してきれいとは言えないその自転車を持って帰りたい、とまで言ったそうです。

子供が初めて自転車に乗れる瞬間というのは感動的ですよね。
今頃体の体格に合った新しい自転車を買ってもらって公園でも乗り回しているのではないでしょうか。

ごあいさつ

2017.06.30.15:18

p003lis.gif店長から
 私が2004年に諏訪にアトイーズを開店したのは普通の人が気軽に諏訪湖の自然と風土に親しみながらサイクリングを楽しんで欲しいとの思いからでした。
 幸い諏訪湖には安全な遊歩道があり、高低差もなく、日頃自転車に乗らない人や子供、高齢者にも楽しんでもらえる環境が揃っています。また、温泉や美術館、城郭、神社などの観光名所が豊富で、それらを訪れる楽しみもあります。
 
 車に乗っていては分からない諏訪の空気、自然の豊かさを環境にやさしいサイクリングを通して満喫してください。
 
icon_C_1.gifお店のコンセプト
p003lis.gif自転車を気軽に楽しめるお店
本格的に自転車競技に出たり、山野を駆け回ったりというよりは、旅行やドライブのついでにちょっとサイクリングを楽しむという場合に当店をご利用ください。
 車に乗って諏訪湖を一周するだけでは風景を眺めただけに過ぎません。自分の足でペダルをこいでこそ、諏訪湖を回ったと言う実感がわきます。
シティサイクルを中心にママチャリ、子供用自転車などを揃えて皆さまをお待ちしています。 


p003lis.gif 中高年の味方です
 スポーツ界には中高年でも活躍している人たちがいます。三浦知良(サッカー)、青木 功(ゴルフ)、尾崎 将司(ゴルフ)、山本 博(アーチェリー)、法華津 寛(馬術)など、50~70代でも立派に活躍している人たちがいますので脱帽です。
 だからと言って中高年が彼らを真似て、急に激しい運動を初めてもアキレス腱を痛めたり、心臓発作を起こしたり、ろくなことはないです。まずは駅でエスカレーターを使わず階段を使ったり、休日は軽いジョギングをするところから始めましょう。
 そしてたまには諏訪に来てゆっくりと自転車に乗るというのが心身ともにリラックスする方法なのです。アトイーズはそんなときにリラックスできる自転車を提供いたします。
p003lis.gif子育て家族をサポートします
 子供も高校生くらいになると友達と遊ぶことが多くなったり、学習塾や部活、お勉強が忙しくなって親と一緒に遊ぶことが少なくなります。子供にとっても親と遊んだときの体験や旅行は一生の思い出になるものです。子供たちが小さいときから遊んであげてください。
 ドライブでは景色を楽しむだけです。是非子供たちと自転車に乗って諏訪湖を一周してみてください。自分の足でペダルを漕いで諏訪湖を一周できたという喜びが子供たちの明日の自信につながります。
 当店は子供用の自転車・椅子を用意していますのでご利用下さい。
p003lis.gif店名のいわれ
 お店の名前「アトイーズ」は英語で「At Ease」、「気楽にくつろいで」という意味です。
 自家用車での旅行は道路標識と路面、対向車ばかりを見て精神的にゆっくりすることができません。
 観光バスを利用してのツアーは目的地までは楽ですが、集合時間が限られていて、もう少しゆっくり風景を楽しみたい、美術館の絵を見たいと思ってもゆっくりできません。
 本当は歩いて旅行をするのが一番なのですが、せっかちな日本人にはそれができない。そんなとき、自転車があると行動範囲が大きく広がり、のんびりペースで旅行することができます。
 自転車を使ってゆっくり自分だけの時間を愉しむ、そんな旅行を提供したいとの想いから「アトイーズ」という名前をつけました。

ガイドサイクリング

2017.06.29.15:10

p003lis.gifガイドサイクリング

諏訪・岡谷・茅野・下諏訪の市街地を案内します。
車では通り過ぎてしまうような田園地帯や細い小道、映画のロケ地になった建物などを紹介しながら、店主が案内します。
1日に50~100kmもハードに動き回るサイクリングではなく、参加者の年齢・体力・自転車の経験・興味などを考慮し、安全なルートを選んでのサイクリングになります。
途中、15分程度のトイレ・買い物休憩などはありますが、食事・美術館の鑑賞、入浴など長時間の休憩はありません。
その場合は到着地をレストラン、○○美術館、温泉施設などにして、ガイドを終了することも可能です。
当日のお申し込みはできません。2日前までに申し込んでください。
コースについては事前に申し込み者と打ち合わせをして決めたいと思います。

p003lis.gifモデルコース

1.諏訪湖一周コース 諏訪湖サイクリングの定番。ガイド無しでも道に迷うことはないですが、時間配分、トイレの位置などガイドがいれば安心。1周16km、休まずにゆっくり走ると1時間半くらいですが、色々なところを回るので4時間程度です。
アトイーズ出発→諏訪湖大橋→高島城→丸高蔵→片倉館→間欠泉センター→タケヤ味噌→下諏訪艇庫→諏訪湖ハイツ(足湯)→釜口水門→小坂観音(湖衣姫の里)→ガラスの里→クリーンレイク→アトイーズへ

2.諏訪大社4社めぐりコース 上社(前宮、本宮)、下社(春宮、秋宮)+万次の石仏を回るコース

3.足湯めぐりコース 諏訪湖周辺には5,6カ所の足湯があります。これを全部回り、実際に足湯に漬かります。足を拭くタオルを忘れないように!


kikangentei.gif4.秋の収穫コース 9月中旬から10月上旬は水田で稲刈りが行われます。今は大型コンバインで1枚の水田を10~15分くらいで刈り取ってしまいます。この稲刈り風景を見学します。また農産物直売所を2か所程度訪れ、旬の野菜や果物を購入するお時間を設けます。

コンバインによる刈り取り風景

【ご利用の条件】
・全員が当店のレンタサイクル利用者で4時間コース以上の利用に限ります。
・最小催行人員は2名です。グループでお申し込みください。
・配達・回収を伴うガイドサイクリングの場合は最大5名です。
・複数グループによるガイドサイクリングになる場合もあります。


・サイクリング中の事故についてガイドは一切責任を負わないものとします。サイクリング中は各自が安全を確認し、他者、器物、自分自身を傷つけたり損壊しないよう注意をし、必要であれば保険に加入してください。
home.gif 
プロフィール

アトイーズ

Author:アトイーズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR