FC2ブログ

自転車教習

2018.01.02.10:23

icon_C_1.gif   自転車に乗れない人、集まれ!


アトイーズでは自転車に乗れない子供から大人を対象として自転車の教習(個人レッスン)をします。

今まで自転車に乗れなかった人は練習方法が間違っていたのかもしれません。

まずは自分の体に合った乗りやすい自転車を選ぶことです。

その点当店のようなレンタサイクル屋は18インチから27インチまで各種の自転車を取り揃えています。

それに多少倒れて傷がついても何も言いません。販売店の自転車を試乗して傷をつけたら弁償してくれ、買い取ってくれと言われますよね。レンタサイクル屋の自転車は残念ながら結構傷があったり、錆がでていたりします。多少の傷は仕方がないとあきらめていますので、気軽に乗ってほしいと思います。

【講習内容】
・自転車各部の名前 ペダル、ハンドル、ブレーキなど

・自転車を押して歩く、ブレーキ操作、スタンドの操作

・バランスをとって自転車に乗る←これがメインです
【講習方法】
・当店にご来店いただき、体のサイズにあった不安のない自転車を選んでいただきます。

・その自転車を軽トラックに積んで近くの広場に行きます。

・進捗状況に合わせて自転車を変える場合があります。
【講習料金】
・自転車レンタル料金込みで1時間2000円。
【申し込み方法】
完全予約制となっていますので電話(090-6544-9528)またはメール(daynapzzz#gmail.com  #
を@に変更してください)でお申込みください。

自転車に乗れるかどうかは個人差があります。早ければ1時間で乗れるようになる場合もありますし、4時間たっても乗れない場合もあるかもしれません。この講習は「乗れるようになること」を保証するものではありません。

講習対象者が18歳未満の場合は保護者が付き添ってください。


(参考) 直接私が指導したのではないのですが私のアドバイスで自転車に乗れるようになった例を紹介します。
→ 「自転車に乗れた!!





ateasetitle.gif 



サービス&サポート

2018.01.02.10:14

配送・回収サービス

 配送・回収セットで諏訪市内1台100円、岡谷・茅野・下諏訪市街地は1台200円です 
・ 4時間コース以上ご利用のお客様に限らせていただきます。
・ 8月15日、9月上旬の花火大会の日は花火会場周辺への配送・回収ができません。
【配送】
諏訪・岡谷・茅野・下諏訪のホテル・旅館・駅・高速バス停留所、個人宅などに自転車を配送します(霧ケ峰、車山など遠方は除きます)。
(但し、台数がまとまれば遠方でも配達する場合がありますのでご相談下さい。)

【回収】
基本的には駅やホテルでの直接回収になります。
当方の都合がつかない場合は乗り捨てになりますがその場所は上諏訪・岡谷・茅野・下諏訪駅の自転車置き場、ホテル・旅館などになります。
岡谷駅は有料駐輪場(1回100円)になりますので、料金お客様負担で駐輪してください。その他の駅には無料駐輪場があります。


home.gif

予約の仕方

2018.01.02.10:07

ご利用になりたい日が決まりましたら、予約状況でご利用可能かどうか、ご確認願います。
子供用自転車は台数も少ないので早めに予約願います。
台数が多い場合も早めに予約願います。
特に5月連休、8月上旬から下旬にかけては利用者が多いので早めにお願いします。
A.メールによる予約
 daynapzzz#gmail.com に以下の事項をご連絡願います。
(※迷惑メール対策のためそのままでは送信できないようにしています。#を@に直してから送信して下さい。)
1、.お名前
2、ご住所
3、携帯電話番号(なければ自宅電話番号)
4、利用希望の月日
5、利用希望の車種と台数
6、到着予定時刻=利用開始時間

B.メールフォームによる方法
予約フォームに記入の上、送信してください。

予約状況と休業日

2018.01.02.10:01

 



 
IL120.gif7月8日(日)休業します       


IL121.gif8月2日(木)子供用自転車はすべて予約済です。
8月15日(水)花火大会の日の予約受付中です。アルサス4台、ロココ4台予約可

IL122.gif9月1日新作花火大会の日の予約受付中です。アルサス3台、ロココ3台予約可
9月中旬から下旬にかけ休業の予定です。
 
IL123.gif10月28日(日)は諏訪湖マラソン大会
大人用自転車は貸し出し不可。子供用のみ貸出可。


自転車に乗れた!!

2017.09.26.10:40

 先日、70代の女性(Oさん)が子供用の自転車1台を借りに来ました。
話を聞くと、小学校3年の孫がまだ自転車に乗れないので、その練習のために自転車を借りに来たというのです。
普通は親が子供に教えるというのが一般的ですが、親も自転車に乗れないそうなのです。

小学校では生徒が交通事故にあわないよう校庭などで「交通安全教室」を開いて、正しい自転車の乗り方を教えています。
このときに自転車に乗れないと友達にバカにされる、ひいてはイジメにあうということを恐れて母親が祖母に孫が自転車に乗れるよう教えてほしいと頼んだのだそうです。

Oさんにどうやって教えるのですか、と尋ねたところ、昔は大人用の大きな自転車しかなく小学4年生くらいの時に三角乗りでやっと覚えたというのです。私と同じような年齢で三角乗りで覚えたとは!!三角乗りというのは、自転車が大きく椅子に座れない場合、フレームの三角の部分から足を入れ、車体を少し斜めに傾けてペダルをこぐ乗り方です。子供用自転車を買ってもらえなかった家庭の子供たちはこのようにしてやっとの思いで自転車に乗れるようになったのです。私は親に後ろから荷台を押さえてもらって練習を何回かしましたが、結局バランスのとり方がわからず、小学校低学年まで三輪車を乗り回していました。自転車に乗れるようになったのはやはり小学4年生くらいです。
でも今は三角乗りで自転車の練習をする人は皆無でしょう。Oさんもどうやって孫に自転車を教えたらいいのかわからないと言うのです。

そこで私は、ある方法で教えたらどうですかと提案しました
Oさんは4時間コースの料金で自転車を借りていきました。

その後、4時間を過ぎても、5時間を過ぎてもOさんは帰ってきません。
結局6時間以上経ってから自転車を戻しに帰ってきました。
お孫さんが自転車に乗れるようになったのか聞いてみると、それが何と乗れるようになったと言うのです。
お孫さんは自転車に乗れるのが楽しくなってしまって、もっと乗るもっと乗ると言って、夕方遅くまで乗っていたのです。
そして決してきれいとは言えないその自転車を持って帰りたい、とまで言ったそうです。

子供が初めて自転車に乗れる瞬間というのは感動的ですよね。
今頃体の体格に合った新しい自転車を買ってもらって公園でも乗り回しているのではないでしょうか。

プロフィール

アトイーズ

Author:アトイーズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR