自転車に乗れた!!

2017.09.26.10:40

 先日、70代の女性(Oさん)が子供用の自転車1台を借りに来ました。
話を聞くと、小学校3年の孫がまだ自転車に乗れないので、その練習のために自転車を借りに来たというのです。
普通は親が子供に教えるというのが一般的ですが、親も自転車に乗れないそうなのです。

小学校では生徒が交通事故にあわないよう校庭などで「交通安全教室」を開いて、正しい自転車の乗り方を教えています。
このときに自転車に乗れないと友達にバカにされる、ひいてはイジメにあうということを恐れて母親が祖母に孫が自転車に乗れるよう教えてほしいと頼んだのだそうです。

Oさんにどうやって教えるのですか、と尋ねたところ、昔は大人用の大きな自転車しかなく小学4年生くらいの時に三角乗りでやっと覚えたというのです。私と同じような年齢で三角乗りで覚えたとは!!三角乗りというのは、自転車が大きく椅子に座れない場合、フレームの三角の部分から足を入れ、車体を少し斜めに傾けてペダルをこぐ乗り方です。子供用自転車を買ってもらえなかった家庭の子供たちはこのようにしてやっとの思いで自転車に乗れるようになったのです。私は親に後ろから荷台を押さえてもらって練習を何回かしましたが、結局バランスのとり方がわからず、小学校低学年まで三輪車を乗り回していました。自転車に乗れるようになったのはやはり小学4年生くらいです。
でも今は三角乗りで自転車の練習をする人は皆無でしょう。Oさんもどうやって孫に自転車を教えたらいいのかわからないと言うのです。

そこで私は、ある方法で教えたらどうですかと提案しました
Oさんは4時間コースの料金で自転車を借りていきました。

その後、4時間を過ぎても、5時間を過ぎてもOさんは帰ってきません。
結局6時間以上経ってから自転車を戻しに帰ってきました。
お孫さんが自転車に乗れるようになったのか聞いてみると、それが何と乗れるようになったと言うのです。
お孫さんは自転車に乗れるのが楽しくなってしまって、もっと乗るもっと乗ると言って、夕方遅くまで乗っていたのです。
そして決してきれいとは言えないその自転車を持って帰りたい、とまで言ったそうです。

子供が初めて自転車に乗れる瞬間というのは感動的ですよね。
今頃体の体格に合った新しい自転車を買ってもらって公園でも乗り回しているのではないでしょうか。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

アトイーズ

Author:アトイーズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR